ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス事業> ジャパンドッグアカデミー

セラピードッグとさまざまなプログラムを行うドッグセラピストとは


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セラピードッグと共にこころ・身体・コミュニケーション力などの援助を行うドッグセラピスト。ドッグセラピーは高齢者施設、小学校、児童館、医療センターなど活躍の場が多くあります。ジャパンドッグアカデミーでしか学べない技術、知識を身に付けて活躍しませんか。

私が、セラピードッグが必要だと思ったのは、老人の家を訪問介護しているときです。世間では、孤独な老人が多いと言われていますが、老人の訪問介護をしているとそれを実感するのに十分なくらいです。夫婦で暮らしている老人も、家族がいなくなれば孤独になる可能性は高いです。そのようなとき老人を襲うのは強烈な痴ほう症でしょう。ですが、犬がいる家は、老人が痴ほう症になる可能性が少なくなります。これは犬がセラピードッグとしての役割をしているだけでなく、犬を散歩をしたりすることで健康になることも考えられます。また犬との会話が重要になりますので、頭がぼけにくい傾向も見られます。 そこで私は犬の専門学校に通い、犬の本質を学ぼうと思いました。専門学校は、2年間で学ぶタイプでしたので、普段は事務職の仕事をしていた私にはちょうど良かったです。専門学校には様々な人がおり、20代前半の人から50歳を過ぎている人まで、同じことを学ぶためにみな頑張っていました。お金はかかりましたが、犬に関する基本的なことを学ぶことができて良かったです。特に、しつけの面は大変でしたが、次第に犬たちが自分の思ったように動いてくれるようになるととてもうれしかったです。

注目キーワード

子犬
→いぬ イヌ 生後半年くらいまでの犬のこと。 今後犬と生活を共にする場合は、迷子対策(迷い犬対策)の為にいち早い保健所での予防接種と、鑑札受領・取付が推奨される。
警察犬
警察が犯罪の捜査、遭難者の捜索などに使う犬。 シェパードが多い。
PAGE TOP ↑