ドリームネット

Home > 住居・家屋> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

住宅ローンはまさに人生最大の買い物になるわけですが、それでも大半の人はしっかりと返済して、家をゲットできているわけですから、そんなに怖いわけではないです。問題となることは返済が可能であるのか、ということです。住宅ローンはどこから借りるべきなのか、というのはなかなか難しい問題になります。金融機関といっても色々と種類があるからです。しかし、とにかく重要になってくるのはなんといっても金利になるでしょう。少しでも金利が低いことが重要になります。借りる金額がどうしても結構なものになります。そして、借りている期間も長いことになります。ですから、僅かな金利差であろうとも総額で見ればかなり金額になってしまうことがありますから、これはよりよいところがあるのであれば借り換えることです。最初に借りたところがそこそこ金利が高いところだったとして経済状況の変動によって相場として金利が低くなっているときがあります。そうなると今借りている金利が安くなるのか、といえばほぼそんなことはないです。変動金利で借りていた場合はそこそこそのようなことになりますが、それでも確実ではないですし、すぐに反映されるということもありませんから、早い段階で借換えができるようになっておくと非常に大きなメリットを期待できるようになるでしょう。住宅ローンはなかなか難しい判断を何度も求められることになりますが、これは本当に人生を左右することになりますから、じっくりと検討することです。金融機関の人などに相談をすることが当然、できます。貸す側としても安全に貸したいということがあるからです。ですから、相談は可能ですし、そもそも相談会などもあります。ですがそこで言われることが常に自分にとって正しいのかといえば違います。相手も貸し倒れは嫌ですがそもそも住宅ローンとはかなり回収の見込みが早い段階であります。そのため、かなり無理をしないといけないレベルで貸し付けようとすることもあるからです。

注目キーワード

協同住宅ローン
日本の住宅金融専門会社。東京都目黒区に本社がある。1979年に農林中央金庫、都道府県信用農業協同組合連合会などが出資して設立された。早々に事業所向けの不動産関連融資から撤退ためにバブル経済崩壊後の破綻を免......
住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
[関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑