株式会社ジブリック

Home > サービス事業> 株式会社ジブリック

透明封筒・ビニール封筒の専門店|株式会社ジブリック ストア


印刷の関連情報

印刷(いんさつ、英: printing)とは、インキにより、紙などの媒体に文字や絵、写真などの画像を再現することを指し、印刷された物を印刷物という。 現代では2次元の媒体に限らず、車体など3次元の曲面に直接印刷する技術も多数開発されている。印刷がカバーする範囲は極めて広く、気体以外の全ての物体に対して可能であるとされている(ゲル状の物体にすら印刷が可能な技術がある)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

透明封筒・ビニール封筒の激安通販。A4・B5・長3サイズに特化。DM用に厚手素材もあり。当日出荷可能!サンプル無料。売れ筋のアイテムのみの販売に特化することで1,000枚から激安価格にてご提供しています。

私は学習塾を経営していますが、テスト前シーズンになるとダイレクトメールを配るようにしています。ダイレクトメールは何度も配っていますが、封筒の種類によって開封率が違うことがわかりました。中にどれだけすばらしい情報を入れていたとしても、そもそも開封をしてくれなければ意味がありません。 今まで開放率が高かった封筒は透明封筒になります。なぜ透明封筒が開封率が高いのかといえば、中身がはっきりと見えているからでしょう。わくわくする中身が入っていれば、思わず開けてしまう可能性が高くなります。それに気が付いてからは頻繁に透明封筒を利用しています。 私が現在購入しているのは、ジブリックさんの封筒です。なぜ利用し続けるかといえば、その費用が非常に安いからです。学習塾の経営をしている時に、経費はできるだけ少ないのが良いですが、特にダイレクトメールはお金がかかりますので、安い費用で仕上げたいと思うのが経営者の本音でしょう。特に封筒はかなりの数を用意するため、1枚の単価が安いと非常にうれしいです。大量に注文することが多くなりますので、大幅に割引きが適用されるのも魅力です。反応率が高いだけでなく、単価が安いためこれからも使い続けようと思います。

注目キーワード

国立印刷局
**日本の[]独立行政法人[] 2003年(平成15年)4月1日、独立行政法人国立印刷局法を根拠として発足。旧財務省印刷局、それ以前は大蔵省印刷局、印刷庁。 官報などの政府刊行物、日本銀行券、郵便切手、収入印紙、旅券
佐川印刷SC
→ 佐川印刷京都サッカークラブ
PAGE TOP ↑