ブライダルアーツ

Home > 仕事> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ | 東京渋谷区でフォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式は結婚をすることに対する1つの儀式です。この儀式のスタイルは特に厳密に決められているわけではないので自由に行うことはできます。従来はほぼ決まったスタイルでの儀式が多く、それの大半は宗教観に基づいたスタイルとなっていました。この結婚式は日本では従来は主に2つのスタイルで行われていました。1つは西洋風のウェディングドレスの衣装を着て、もう1つが日本の和服を着てのスタイルでした。この結婚式を行うには場所を必要とします。その結婚式を提供する場所も今は多様化していて、主に4種類ほどあるといわれています。1つは結婚式を専門に行う結婚式専門式場で、その次はホテルを借り切って行うスタイルとなります。これらは昔から存在しているスタイルとなります。しかし近年はこれらに加えてレストランやゲストハウスでの結婚式も徐々に増えてきています。これら新興スタイルでの結婚式のメリットは従来の価値観にとらわれない自由でカジュアルなスタイルで式をできるとされます。またこれとは別に日本の神社や仏閣で行う人も少数ながら存在しています。いずれにしても結婚式を行う場合は事前にたくさんの時間をかけて入念な準備をしなければなりません。まずは会場を実際に拝見することが何よりも欠かせません。というのは会場を実際に見ることなくいきなり予約して準備を進めてしまうと、想像していたのと食い違ってしまって、予想よりも狭かったとかなどの不満をもたらしかねないからです。次は当日に提供される料理の存在になります。料理でおいしく満足して食べてもらうためのメニュー選びに神経を使わないとなりません。というのは自分だけが満足すれば良いのではなくて、老若男女のほとんどに満足してもらわないとならないからです。これが案外非常に難しい選択となりまして、選んだ内容次第では若い人は満足してもらえても年輩者の親族などに少々不満がでたり、逆に年輩者はある程度満足しても今度は若い友人知人に少々不満がでたりなどしかねないからです。なおこの儀式は結婚に対するゴールではありません。あくまでもスタートであることを自覚しなければなりません。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
PAGE TOP ↑