えみあす

Home > 暮らし> えみあす

デイサービスは狭山市の介護予防フィットネス「えみあす」


看護師の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デイサービスなら狭山市の「えみあす」へ。介護保険制度が使える介護予防運動専門の介護予防フィットネスで1日3時間のデイサービスです。

食事や入浴の提供、それに関連する介護は、狭山市に限定されるのではないものの、生活についての相談は、地域性を持つ社会福祉士・ケアマネージャー・福祉住環境コーディネーターなどがのってくれます。また、機能訓練を受けられるのもデイサービスならではで、定期的に理学療法士・作業療法士が指導してくれる魅力や、狭山市の医療・介護スタッフであったり、看護師がトレーニングを担うこともあります。デイサービスの目的には、自宅で自立した生活が送れることです。狭山市に的を絞って検索すると、介護サービスを提供する数々の施設、スペシャリストの存在がチェックできます。健康サービスを提供する介護施設では、准・正看護師により、血圧・脈拍・体温測定など、足を運んでから様子に変化が見られないかなどを確認してくれます。通常ならばご家族が担う内容も、仕事や子育て、急に用事ができるなど、様々なシーンに、必要な時に必要な分だけ利用できるのがデイサービスならではの価値です。休憩所としてはもちろん、リハビリテーションや運動の場として、季節ごとのレクリエーションを楽しんだり、介護予防のためのプログラムに取り組むことまで図れます。高齢者の心地良い時間を増やしていくためにデイサービスを利用できますし、個別・集団の中でコミュニケーションに難色を示す利用者も、スムーズにコミュニケーションをとれるケースは増えているようです。特に、狭山市の小規模デイサービスでは、こうした目的が図りづらい印象を持つ方もゼロではありません。良心的な施設選びでのポイントは、生活の充実、身体機能の維持が大前提ですが、ご家族の介護への意欲も大事で、周りを取り巻いて支援してくれるスタッフの数や質も確認したい点です。また利用法として、家族が仕事で外出する日中にデイサービスを受けたり、多忙であれば訪問サービスで介助を受けるなど、必要な分だけ利用できれば、経済的負担までも軽減できます。また狭山市には、いざという時、そのまま宿泊することも可能で、スタッフが居てくれる安心感であったり、目が離せない、見守りが必要である場合にも利用可能です。

注目キーワード

診療看護師
一部の診療が認められた看護師。原則的に医師以外の医療行為は認められないが、「特定行為」に限って看護師資格でも可能とする制度。
看護師
看護専門学校や看護大学等の看護師養成校における基礎看護教育を受け、看護師国家試験に合格し、看護師免許をもって、医療、保健福祉の現場で、主に看護を行う医療従事者。 2001年の保健師助産師看護師法の改正によ
[関連情報:デイサービス 狭山市
PAGE TOP ↑