横浜ホームスタッフ

Home > 住居・家屋> 横浜ホームスタッフ

横浜ホームスタッフ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

雨漏り・水漏れなどの水回りリフォームから外壁塗装・屋根リフォームまで、弊社リフォーム事例を多数ご紹介しております。また、気になるリフォーム工事費を含めた料金相場をまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

将来的に安定した生活をしたい場合は、若いうちに購入したマイホームがあるならば、ある程度の時間が経過した時にきちんとリフォームしておきましょう。今現在のマイホームがバリアフリーではなかったら、リフォームを行ってもらうときにきちんとバリアフリー対策を行っておきます。これを行っておかないと、将来的に生活しにくい家で暮らすことになってしまいます。また、いくら若いうちに新築一戸建ての住宅を購入したとしても、20年も生活していれば、かなり老朽化は進んでいます。外壁部分もかなり老朽化は目立ってくるでしょうし、家の中でも壁紙がかなり汚れてきます。特に水回り部分の壁紙の汚れなどは激しくなっているでしょう。キッチン回りも同様です。こうしてみてみると、かなり老朽化が進むことになるため、リフォームは一気にまとめて行います。今住んでいるマイホームが横浜にある人は、横浜にあるマイホームの近くで実績のあるリフォーム業を営んでいるところに仕事を依頼することができればベストです。探してみるとよくわかりますが、とにかくたくさんの業者がいますから、きちんと比較検討する必要があります。比較検討することができれば、どこの業者に最終的に仕事を依頼すれば、よりよいリフォームができるかわかります。横浜の場合は、実績を積み上げているリフォーム業者は多いですが、そうではない地域になると地域によっては、実績があるところとそうではないところが混在します。見極めるのも結構大変ですから、しっかり確認しましょう。さて、どれくらの内容を行ってもらうのかによりますが、業者との打ち合わせを行う前に、内容をきちんとまとめておきます。その上で業者の方に来てもらって、きちんと内容を確認してもらった上で見積金額を提示してもらいます。一括で纏めて依頼しておいた方がだいぶ安く済ませることができるでしょう。また、金額提示してもらっても予想よりも値段が高い時は再度調整しなおす必要があります。

注目キーワード

野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
PAGE TOP ↑