店舗デザイン相談所

Home > 住居・家屋> 店舗デザイン相談所

お店の開店に必要なデザイン全部頼める!お店まるごとデザイン相談所


店の関連情報

店(みせ、たな)は、商業的な活動(商売)を行うための建物のこと。商品やサービスを提供する場所である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

初めてお店を出す方も安心。ショップカードやチラシ等の印刷物から、ホームページ、看板、ロゴ、ブランディング、店舗デザインや内装までお店のオープンに必要なデザインを全て一括して頼めます。ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。神奈川を拠点に遠方も対応!

店舗の壁のデザインは、店舗デザインのなかでも重要なポイントです。取り入れる色や素材などによって、お店のイメージは大きく変わります。業種やイメージに合った壁のデザインを選ぶと、店舗がお客様にも過ごしやすい空間を作りあげることができます。店舗での壁の活用は、色やデザインの組み合わせだけでなく、素材によってもイメージが変わってきます。店舗の内装は一般的には、床を一番濃い色にして、壁や天井と目線が上がると明るい色を使っていくデザインが取り入れられています。濃い色で引き締め、だんだん明るい色のグラデーションを取り入れると、開放的で天井が高く広々としてスペースになります。店舗デザインはインテリアによってイメージを変えることができますが、インテリアよりもイメージを大きく変えるポイントは床や壁、天井です。広範囲となる床や壁そして天井の色やデザインは店舗イメージの重要なポイントとなります。空間が広いというイメージは壁にアイボリーなどの淡い色がおすすめですし、渋めの色を選ぶと落ち着いた雰囲気を演出することができますが、スペースが引き締まって見えるため、本来よりも狭く見てしまう可能性もあります。どの業種であっても、お客様にとって印象と居心地の良さがポイントです。印象と居心地の良さを取り入れながら、コンセプトなどから他店舗との差別化をはかっていきます。内装を決めるときには、業種だけでなく、取り扱うアイテムやお客様のターゲットなどからイメージやコンセプトを決めていきます。チェーン店であれば、壁に店舗のイメージカラーを取り入れたり、アクセントを取り入れると、店舗デザインの統一感を出すことができます。店舗の内装は、色や質感によってイメージを大きく変えます。内装をシンプルやエレガントなど、どんなイメージに仕上げたいかによってカラーやデザインを決めていきます。素材もイメージどおりに仕上げるためには重要なポイントです。レンガや石など個性的な素材を利用すると雰囲気を作りあげることができます。

注目キーワード

専門店
ある特定の分野の商品を中心に販売する小売店。特定の分野(カテゴリー)の商品のみを豊富に品揃えして低価格で販売するカテゴリーキラーのような小売店業態も含まれる。
書店
本屋のこと。 書肆(しょし)とも表記する。
PAGE TOP ↑