i-plus

Home > サービス事業> i-plus

飲食店のメニューデザイン・印刷なら「アイプラス」 | 有限会社アイプラス


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

飲食店のメニューデザイン・印刷なら「アイプラス」にお任せ下さい。飲食店専門の自社デザイナーが、お店に合った魅力的なメニューを低コストでお作り致します。メニューコンセプトのご提案から印刷までトータルでサポート。お気軽にお問い合わせ下さい。

これから飲食店を経営してみようと考えている人はたくさんいるはずです。特に料理が好きな人、または料理を作るのが得意な人はこの考えを持つ場合が多いでしょう。飲食店を経営するためには、まずメニューを決めなくてはなりません。この部分は非常に重要となってくるはずです。大きく分けて2つの考え方になると覚えておくようにしましょう。どんな考え方があるのかと言いますと、1つはメニューを絞って飲食店を経営する方法と、豊富にメニューを揃えて飲食店を経営する方法になります。どちらが正解不正解と言うわけではありませんが、ほとんどの人はなるべく多いメニューの数で、飲食店を経営していこうと考えるケースがほとんどになります。どちらにもメリットがあるので覚えておくようにしましょう。豊富なメニューがある場合は、お客さんがたくさんの中から選ぶことができるので、お客さんの単価が上昇する傾向があります。反対に絞ることによって、コストを削減することができます。メニューを豊富に取り揃えようとすると、たくさんの材料が必要となってしまい、その分食材のロスが増えてしまう傾向があります。また働く人も大変になってしまう部分があるので覚えておくようにしましょう。自分が考えたメニューなので、自分がしっかりと作ることができるのは当然ですが、アルバイトなどを雇う場合は、その人が非常に長い時間をかけて覚えなくてはならないので、戦力となるまでに時間がかかってしまう傾向があります。少ない場合は覚える料理の数があまり多くは無いので、働きやすさの部分ではなるべく絞った方が良いと言えるでしょう。自分が飲食店を経営する際にどれほどの資金を用意することができるのか、またどれくらいの人数で厨房のやりくりをするのか、働きやすさなども考えて、豊富にするのか絞るのかしっかりと考えなくてはなりません。ここは非常に重要な部分となってくるので、手を抜かずに考える必要があると言えるでしょう。

注目キーワード

無敵看板娘
何の因果か家業の中華料理屋“鬼丸飯店”を手伝うことになった鬼丸美輝が、花見町の様々な人々と交流することにより、いろんな意味で成長していくお話。と、思われる向きもあるが、基本的には美輝がいろいろと大...
無敵看板娘N
佐渡川準の漫画。 週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて、2006年16号から2007年22・23合併号まで連載された。単行本全5巻。 準レギュラーキャラクター達との成長と別れ、そしてメインキャラクターは残留で幕を閉じ...
[関連情報:飲食店 メニュー
PAGE TOP ↑