pluspa

Home > 暮らし> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

仕事でストレスを感じたり、お金や生活のことなど、将来の事を考えて、不安な気持ちになる方もたくさんいます。現代人は、ストレスを溜めこんでしまう方も多いため、心のケアをしっかりと進めていかないと、うつ病になる恐れもあります。楽しい気持ちで毎日を過ごすことができれば、明るい未来が来ることを楽しみながら、今の事を一生懸命頑張れます。不安な気持ちなど、落ち込む事が多い方は、自分自身の今を改めて考える良いきっかけとなるマインドフルネスに注目です。マインドフルネスは、今起こっている自分の体験に注意を向け、現実を受け入れていくことです。仕事で忙しい方の中には、自分の今の状況を見つめなおす機会が少なかったり、悩みがある方は、将来の不安ばかりを考えてしまう方もいます。マインドフルネスで、自分の身体や今の気持ちを気づける時間を作っていく事で、考え方に変化が出てくる可能性があります。余計な事を考えずに、一つの事に集中できるようになれば、仕事の効率が上がり、自由に使える時間が増え、のんびりと休めるようになる方もいます。また、こころをいつも穏やかにする事ができれば、ストレスを感じるようなことが合っても、冷静に受け止めていける場合もあり、ストレス対処法としても、マインドフルネスに注目する方は多いです。仕事を頑張る現役世代の方だけではなく、ご年配の方の中にも、老後に自宅に引きこもり、人と話す機会が減る事で、うつ病になってしまう方もいます。デイサービスなど、生活のサポートや筋力トレーニングなど、体の機能向上のサポートをしてくれる施設もありますし、スタッフに相談できるなど、心のケアを進めてくれる所も探せます。利用者と一緒に体験できることもたくさんあり、ご年配の方も無理なく進める事ができるマインドフルネスを行う事で、気持ちを落ち着かせる時間を作れます。マインドフルネスで集中できる時間を作る事で、気持ちのコントロールがしやすくなり、睡眠障害が改善される可能性もあります。イライラなど、気持ちの変化でなかなか眠れない方もいるため、睡眠の質を高めるためのケアも大事です。

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...
PAGE TOP ↑