BRANCHE

Home > 暮らし> BRANCHE

結婚式場の無料相談なら札幌ブランシェ|ドレス500着と挙式情報が満載


結婚の関連情報

結婚(けっこん、英: marriage)とは、夫婦になること。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合をいう。後述のように学術的には「結婚」はもっぱら配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌の結婚式場をお探しならご相談何度でも無料の札幌ブランシェへ。最新のブライダル情報の他、道内最大級500着以上のドレスご試着体験も全て無料。札幌のブライダル業界で創業44年を迎えたブライダルサロン愛グループがプロデュース。

結婚式の時期に悩むカップルは意外にも多く、招待された経験も含め、特に12月は師走で多忙な方々ばかり、高齢の方を招待するにも控えたい月と言われています。特に札幌では、積雪も含めて、当日に参列できないアクセストラブルも少なくありませんし、屋外でできる演出も限られます。ですが、オフシーズンともなる冬は、ドレスやケーキ、前撮り写真などをセットにしたお得プランが打ち出されている傾向です。予算が少ないカップルには魅力的ですが、あまり費用を抑えてしまって、ケチっているという印象がもたれることもあります。特に、引出物であったり、料理や装花など、ゲストが一番気になるものは妥協しないことも必要です。札幌も人気の高いエリアで、冬に式を計画するメリットとして、人気の結婚式場の予約が入れやすく、日程が選びやすい点があります。加えて、この時期ならではの魅力は、結婚式場に自分たちだけという貸し切り状態ということも少なくありません。札幌の結婚式場によっては、冬のイベントを絡めたり、イルミネーションを演出に取り入れることも可能です。ですが肝心なのは、ゲストに対するいつも以上の配慮です。札幌の気温も氷点下となったり、結婚式場では、暖房による防寒対策ができますが、女性は足元も冷えやすく、受付にヒーターを用意することは大事です。ウェルカムドリンクに温かいメニューを用意したり、女性や高齢のゲストには膝掛けを用意することもポイントです。結婚式場にも、ガラス張りのガーデンをウリにしているケースもあり、室内が暖かくなりにくい、冷え込む予想もできます。札幌でも、ナイトウエディングは人気ですが、冬に限っては控えるのが無難です。また、フラワーシャワーや写真撮影などを行う場合、ゲストが大変になります。天候に左右される場合、どのように対応してもらえるのか、変更が可能であるのか、結婚式場選びに加え、事前のプランの確認は大事です。さらに結婚式場の近くにはどういった施設があるのか、選ぶ際のポイントになります。いざという時に宿泊できるホテル、コンビニや二次会ができる場所が点在しているなども加味したい点です。

注目キーワード

結婚記念日
結婚生活が続いたことを記念する日。 結婚式を挙げた日、あるいは入籍した日が結婚記念日となる。 一般的に、妻は忘れないが、夫は仕事に紛れて忘れてしまうもの。 しかし可能な限り、夫は毎年この日を忘れないよう...
結婚
 人の生涯で最も慎重に選択されなくてはならない人生の分岐点。この選択は新たな命を生み出だす元でありスタートであり基本になるもの、つまり墓場でもなければ、できたから仕方なく結婚と言う安易なものではなく僕......
PAGE TOP ↑