税理士法人わかば

Home > 仕事> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

実際のところ、外資系の企業の税金対策は、海外の企業も関係してくるので、非常に複雑です。個人レベルで何とかできるものではないので、大きな企業になってきているならなおのこと、優秀な税理士事務所に相談を持ちかけた方が良いでしょう。外資系産業の税金対策を今まで何度も行ってきた、百戦錬磨の頼もしい事務所であれば、特に問題なく税金対策を実践してくれます。基本的には頭がそこまで硬くなく、むしろ柔らかいような税理士の先生にお願いした方が利口です。場合によっては、他の税理士事務所ではなかなか経費として落とすことができなかったようなものも、うまく事務所を選ぶことによって、経費の対象としてくれたりもします。それを考えると、お得な形で確定申告ができるかどうかは、結局のところ税理士の先生次第とも言えるでしょう。特に複雑で丸投げしてしまうつもりでいるならなおのこと、最初の税理士事務所選びで全てが決まってしまうので、とにかく時間をかけてじっくりと評判を見定める、お得な形で税金対策をしてくれるところを選ぶことが肝心です。外資系企業に精通していて、なおかつ確実な結果を出してくれるような事務所は、いろいろなところで取り上げられるほど人気があります。人気があるという事は、すなわち依頼するときの料金も高めになっていることも多いので、気をつけておきましょう。サービスの充実具合と臨機応変さ、そして料金のバランスが取れている事務所を、うまい具合に選ぶことが大切です。1つの事務所だけで結論を出す必要はどこにもないので、様々な事務所の条件をチェックして比較することが重要となります。いろいろな事務所を見比べることにより、こちらの予算内で動いてくれる、良心的な料金形態のところがどこになるのかが見えてくるようになるでしょう。要はその中で、確実な税金対策をしてくれる事務所を選べば良いだけの話です。外資系産業としては頭を悩ますところですが、絶対に最後まで妥協せず、間違いのない事務所を選び抜くことが大きなポイントとなります。

注目キーワード

税理士会
税理士による団体。日本の税理士法第18条の規定に基づき、税理士が税理士業務を行うには「[]税理士会[]」に加入しなければならない。
税理士
税理士の使命  税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命と......
PAGE TOP ↑