BLUE BIRD×HG

Home > 嗜好> BLUE BIRD×HG

バリ島(インドネシア) 空港送迎サービス&貸切チャーターサービス| インドネシア(ジャカルタ・バリ)の空港送迎タクシーの日本語予約代行BLUEBIRD(ブルーバード)


旅行の関連情報

本項目では旅行(りょこう)、旅(たび)について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

インドネシア、ジャカルタ、バリのタクシー・ハイヤー(空港送迎・貸切チャーターサービス)を最大手BLUE BIRDの日本唯一の代理店が予約を代行いたします。 スカルノ・ハッタ国際空港、バリ国際空港、ングラ・ライ国際空港、ジャカルタ工業団地など様々な場所へ安全で快適な旅をお約束します。

日本人にとって人気の外国旅行の行き先の1つにインドネシアのバリ島があります。バリ島は常夏のリゾートな島として有名ですが、あいにく日本語が母国語ではありません。そのため個人旅行で空港から現地の移動は英語またはインドネシア語を理解することが要求されます。大抵は空港から予約しているバリ島のホテルに行きますが、ホテルがどこにあるか、最寄りの公共交通機関のバス停がどこかなどしっかり調べて頭に叩き込まないと迷ってしまいます。けど現地ではこの大変厄介な移動をサポートしてくれる空港送迎屋さんがたくさん活動しています。この空港送迎屋さんは日本出国前に事前にホームページで予約をすることで待ち構えてくれます。これで迷うことなくホテルへ直行してくれるので楽に移動することができます。その空港送迎屋さんはホームページで日本語で多くの業者さんが紹介されていまして、その多くはワゴン車か普通の乗用車で出迎えてくれます。その車のサイズなために乗車できる人数はせいぜい数人以下です。このとき一部の業者のプランだと全く知らない他人と一緒に乗車する場合もあり得ます。荷物は1人1つがせいぜいであまりに荷物が多いと追加料金を取られる可能性があります。そして何よりも大事なのは送迎に出迎えてくれるスタッフの言語です。というのは空港送迎屋さんは現地のインドネシア人がほとんどなのですが、その選択を間違えると英語でしか案内してくれないからです。けど中には日本語が通じるところもありますので言葉に不安がある場合は日本語対応できるところを選ばないとなりません。次に重要なのは予約システムと料金の問題です。予約をする場合は無料会員登録が必要とする業者が多く、要らないのは少数派です。また料金はほとんど事前払いとなっていて事後払いはありません。その料金相場は業者とプラン次第で大きく変化しますが、日本円で安いところでは3000円台から高いのだと1万円近くすることもあります。
[関連情報:バリ 空港送迎
PAGE TOP ↑