さやま保育園ふじみ

Home > 学び> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

大人とは違い子供はまだ免疫もしっかり整っていないので、急に発熱をしたり体調を崩すことは日常茶飯事です。タダこそもの場合は体調を崩しても、割とすぐに復活をしますが、それでも親にとっては気が気ではありません。親とだけ過ごす時間を通過して狭山市の保育園に通うようになってからも、園児の体調不良により病欠になることはあるので、健康状態を維持したいと考えるのも親です。子供の体調はもちろん心配ですが、狭山市の保育園へ通いながら頻繁に、体調不良で親が呼び出されると、そのたびに阪急や早退などを取らねばなりません。もしくは会社を欠勤したり、有休もいくらあっても足りなくなるなど、働く親にしては社会的なことでも頭を悩ませます。子供の体調不良により夫婦のどちらが会社を休むかなども、お互いに協力はしたいものの悩ましいところです。そこでできるだけ子供には健康を維持してもらうためにも、狭山市の保育園へ行かない休日の過ごし方に、少し工夫を凝らしてみるようにします。週末にしか子供との触れ合いに時間を取れないと思うと、つい土日のお休みには子供をアクティブに過ごさせすぎることがあるので、休日をそう過ごすかは体調管理にも重要です。まず入園前に過ごしていた生活と、同じままで土日もすごしてしまうと、子供の体力はすぐに限界に達してしまいます。入園前はパパやママのお休みの土日に、大きなショッピングセンターへ行ったり、レジャー施設へ出かけたり、季節ごとのバケーションをエンジョイしても子供は平気でも、保育園が始まったら同じではありません。まだ入園前は平日はいつまでも寝ていられますし、休み時間が多かったので、それで子供の体調は復活をしていました。でも入園後は毎日規則正しい生活で、朝から夕方まで保育のスケジュールに合わせるので子供も疲れます。週末に家族でふれあい出かけるのは悪くはないものの、休日はアクティブになりすぎるより、子供も大人も休むことを優先させることです。

注目キーワード

無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
認可保育所
日本の児童福祉法に基づく児童福祉施設の保育所のこと。国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可する。区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所がある。大幅な公的資金補助があ......
[関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑