OKC

Home > 学び> OKC

中学・高校留学のOKC | ニュージーランド・オーストラリア


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

高校留学の1つの候補地として、ニュージーランドがあります。他にも様々な候補地が考えられますが、暖かい気候で過ごしやすいことを考えると、万人にオススメすることができる素晴らしい選択肢の1つと言えるはずです。とりあえず、実際にここで高校留学を経験したと言う人の体験談に注目しましょう。本当に大きな参考材料になってくれるはずです。気になっている学校が見つかったら、そのホームページをチェックして、どのような特徴を持っているのかを把握することをお勧めします。その学校の特徴だけではなく、在籍している学生がどのような気持ちでいるのかなども調べることができるでしょう。なお、カリキュラムの中身などを確認できます。せっかく高校留学をするわけですから、若いうちに勉強したいと感じるような学部が入っている、そんな学校を選ぶことが重要です。ただ、単純にニュージーランドは英語圏内なので、英会話のレベルを飛躍させると言う意味でも、利用する価値はあると言えるでしょう。当たり前の話ですが、ニュージーランドに行けば、英語を話すことができるネイティブスピーカーと友達になることが可能です。たくさんのネイティブスピーカーと友達になれば、付き合うからには英語を話さなければいけないので、いやがおうでも切迫感が生まれるといえます。その程良い切迫感の中で、凄まじいスピードにて英語を話すことができるようになるでしょう。この適度なプレッシャーというのが、語学を学ぶ上では非常に重要なポイントになってきます。必要に迫られなければ覚えることがないので、それを考えても高校留学を早い段階で実践しておくことには、大きな意味があります。語学のレベルを高めるには、若いうちに耳を鳴らす必要がありますし、なんといっても時間も必要だと言えるでしょう。いくらでも時間のある若いうちに、ニュージーランドなどの過ごしやすいところに足を運び、留学を経験させておけば、ワールドワイドな活躍ができる人間に育ちます。これからさらにボーダレス化が続いているので、視野を広げるといった意味でも、海外留学をさせて学ばせることが大切です。

注目キーワード

語学留学
留学とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう(wikipediaより)なかでも特に語学の習得を目的として海外に滞在すること。
嵐の中華街留学
フジテレビ「バニラ気分!・まごまご嵐」のコーナーの一つ。 嵐(あらし)中華街で北京語をマスターする企画。 * []リスト[]:リスト::ジャニーズ関連キーワード//固有名詞
PAGE TOP ↑